忍者ブログ

瀬戸内海で2番目に大きな島、「小豆島」 大和朝廷の建国以来、皇族との関りが深かったこの島を、現在から見つめ直し後世に語り継いで行きたい。
06 2018/071 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 08
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[12/04 豆]
[12/01 豆]
[12/01 豆]
[12/01 豆]
[11/29 豆]

10.15.09:27

狛犬

神社入口に魔よけとして、睨みを効かせている「狛犬」ところで、「狛犬」ってなんだろう?
インドなどから、「獅子」が、朝鮮の高麗(コマ)を経て日本に伝えられたことから、「高麗犬」=「狛犬」となった。
最初は左:獅子、右:狛犬であったが、最近は区別もなくなった様である。日本で最初に狛犬を置いたのは、「清涼殿」で、天皇の御座の南北に置かれた様だ。
一般の神社へは、平安時代末期からで、神殿の扉前→拝殿の前→鳥居前へと、時代と共に移っていった様である。
(写真は神殿の狛犬)



拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら