忍者ブログ

瀬戸内海で2番目に大きな島、「小豆島」 大和朝廷の建国以来、皇族との関りが深かったこの島を、現在から見つめ直し後世に語り継いで行きたい。
11 2018/12 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 01
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[12/04 豆]
[12/01 豆]
[12/01 豆]
[12/01 豆]
[11/29 豆]

12.11.11:21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/11/11:21

09.24.21:54

ごあいさつ

 瀬戸内海の数ある島々の中で一番高い山を持つ「小豆島」
その昔は、皇族領として、天領として栄えてきました。
地場産業も多く、醤油・佃煮・素麺・オリーブと全国に発信しています。
又、観光においても、名勝・寒霞渓をはじめ、郷土の作家:壺井 栄による、
「二十四の瞳」は有名です。

 私は、この小豆島で、そういった表舞台に出ない、昔から祀られている神社や
祠などを残していければと考えました。
高齢化の波は、目の前まで迫っています。島の古老達から語り継がれるものを、
ひとりでも多くの方に紹介して行きたいです。


拍手[2回]

PR

開設おめでとうございます。

ブログ開設おめでとうございます。
これからもよろしくお願いします。

  • 2007年09月25日火
  • 紅雲亭一葉
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら